「宇宙主夫日誌 母親と小児と空論を追っ掛けて!」を読んで

この間、宇宙飛行士の山崎直子さんの男性です山崎土さんの著書を読みました。スタートは、とあるpotcastを聞いて、彼の性格や外見に注目があったからだ。ちなみに現在はもはや離別されてしまったとの要素。
誌では、山崎直子さんとのロマンス逸話から始まりました。猛アタックから嫁入りからお産へ。その後の拡大は、当初コンポーネントからうって変わって、モメモメの拡大に。養育や父兄の介護に疲れ、嫁さんとは紛争に次ぐ紛争、離別訴訟まで始まってしまう。
こういう誌を読んだ意見を見ると、土さんへの問責や非難ばかりが目立ちます。確かに誌の用事だけ見ると、花盛りないところはあるし、直子さんへの問責をせきららに誌に書いているのは、人としてどうかなとおもう部分は、あります。
ただ、私も赤ん坊を持つ両親として、彼の意思もわからなくはないのです。やはり、養育は消費が凄まじく、自分の年月を削られて掛かるような感覚に陥ることも思い切り。ましてや、夫人が宇宙飛行士になるとその気がかりは相当な要素だったでしょう。
主夫に至るということは、ダディーとしての矜持や経歴をかなぐり捨てることになり、生半可な気持ちではできないなあと思いました。http://www.fndg.co/aiful/aiful-oyabare.html