一姫二太郎にはならなかった我が家の今後の家族プログラム

一姫二太郎が良いと言われている物証が、今まではよく分かりませんでしたが、お子さんを生んでからそれが分かるようになりました。

住居は、男児のお互い兄妹だ。だから、毎日が運動会のようで喧しくて大変です。でも、一姫二太郎の家屋の場合は長女が女の子のように子育てを助けるそうなので、楽だそうです。女房は精神的に独立するのも手っ取り早いようで、おとなと同じように接してほしいとおもうようで、男児とは違うのだなと思いました。

我が家の場合は、長男は乳児返りしてしまいましたし、次男は次男で手がかかるしで心から大変です。いつまでもお子さんのままでいて受け取るのは、女房としてはホッとする反面、何だか大変だとおもうやる気もあります。

ぼくは、女房がほしいというやる気もあるので、3周りも考えているところです。これ以上子育てが大変になるのはお断りとダディーは言っていますが、ぼくは産むことができるうちに、すでに1人と思っているので、ダディーを説得する狙いだ。http://thecw.co/vio-kouka.html