この間会社でじゃがいもをもらったので作りました。

先日サロンの側における畑でとれたじゃがいもをいただきました。
社長の夫人が作ったじゃがいもなので、大してでかいものではないのですがいっぱいいただいたので調理に使おうと思いました。
あたしは日頃空白手の込んだ調理をしません。
これなので、コロッケやポテトサラダなどは本当にたまにしか創りません。
それでも彼がとも大好物なので久しぶりに作ることにしました。
とりあえず低いじゃがいもなので、早朝起きて元気なうちに収支皮だけ向いて水につけて仕度を通して置きました。
これさえやっておけば残り半くらいで焼き上げると思ったのですが、またますます1日数かかりました。
も、彼が結構楽しみにしていたし食べたら「美味しい!」と言って喜んでくれたので作ってよかったなと思いました。
ポテトサラダなんて断然、仕立てるのに手間がかかる上にサラダか従って趣きなので日頃実に出しません。
揚げるだけにして起こるコロッケがまだあるので冷凍しとこうと思います。http://www.abateofutah.org/

金星のことと天体望遠鏡について実習をした

星のことなどについて実践しました。金星がとりわけ明るくなるところのウィークぐらいは、昼の晴天の中につくねんと光っているのが見える金星の見つけ方は、良いの明星か明けの明星かを確認します。良しの明星は日没復路南西の空、明けの明星は日の出前南東の空で、高度20°〜30°界隈をさがします。次は、天体望遠鏡(赤道祭礼)についてだ。屈折望遠鏡は、ケプラー品種で像の変位は逆に見える。反射望遠鏡は、ニュートンが考案しました。天体望遠鏡のやり方は、最初におもりのセッティングで配分をとります。赤道セレモニーの極中央を北極星の路線にあわせます。一層きわめて中央を北に対し、大層中央の傾きをその地の緯度の傾きに併せます。低オッズの接眼レンズをつけます。ファインダーをのぞいて、目的の天体がファインダーの十字線の交点に来るように調節します(周辺の可愛い星からおよそのあてを塗りつける)。目論見によってオッズを変えます。望遠鏡について一際勉強したいなと思いました。脱毛ラボ 6ヶ月無料